最近の更新 / ご案内 / ヨモヤマ / 趣味の設備写真 / アーカイブス / リンク
設備的映画鑑賞
★は設備度を表します。★の数が多いほどハイ設備な映画ということです。

モンスターズ・インク
Monsters, Inc. 2001年(米)

究極のクリーンエネルギー★★★★
子供の留守番って、何歳頃から可能なものでしょうか。
風邪引きなのに買い物に連れ出すのもいやだしと、留守番をさせました。
普段は「一人で家にいるとおばけが出るよ?」と脅して一緒に連れて行くので、
「おばけがでるからいっしょにいく」と言われたのですが、
おばけは元気な子供をびっくりさせるのが仕事だから、風邪引きさんのところ
には来ないよ、と言ったら 納得したらしく。
でも、たかだか20分、家に帰るまでものすごく不安でした。

そんな経緯があって思い出したモンスターズ・インク。
これはお留守番の話ではなくて、夜の話なのですけれど息子に大受けでした。
お話自体が面白いのはもちろん、サリーとマイクが働く工場の様子も、
機械好き息子には 嬉しかったようです。そして、機械室とその配管、みたいな
シーンもやっぱりあるので私も ちょっと嬉しい訳です。

さて、そのお話ですが。
以前見た時に比べて2012年の今、身につまされるものがかなりありました。
エネルギー問題、そしてそのエネルギーを一手に握っている会社の問題、
どこかの国で起こっていることそのままじゃないですか、これ。
この映画みたいに、悪いやつはやっつけて、希望の持てる、
子供もモンスターもみんなが笑顔になれる、 そんな未来を作りたいのになあと
思うんですよ。みんなそう願っているはずだから、こうしたお話の筋書きって
普遍的な訳なのに、 いつまで経っても現実の社会が変わらないのはなぜだ。
(2012.3月up)

(番外)ユニバーサル・スタジオ・ジャパン編
映画ではなく、アトラクションの設備度レビュー。(2006.10月up)
ネタバレ有ですので、これから行かれる方はご注意を。
アメージング・アドベンチャー・オブ・
スパイダーマン・ザ・ライド

設備ファン垂涎★★★★★
3D映像とライドの組み合わせ式アトラクション。
ライドがかなり強烈に動くので、振られて体のあちこちをぶつけて痛くなりました。
けれどなにより、ひどい3D酔いに参りました・・・よくできているということでしょう。
そんな3D映像は、後半になると配管だらけ。
貯水漕らしきところにも突っ込んで水飛沫がかかります。

≪本編≫エアロスミスのカバーした主題歌も気になって見てみましたが、
ほんとに楽しい娯楽映画。こんなに設備設備したシーンはなかったはず。
バックドラフト
火の用心★★★★
あの400φ位あるダクトはいつ燃えるのかしら、
こんなにどかんどかん爆発してたらFD着いてても役に立たないだろうなー、
なんて期待を裏切らない迫力のアトラクション。配管はラックごと落下しますし。
それより何より、あれだけ火炎の上がる部屋の、空調、換気、そして消火は、
いったいどうなっているのか。それがとても気になります。
・・・相当面倒なことがいろいろあったのではないかと。

≪本編≫このアトラクションの前説はスコット・グレン。
なんてクールな人でしょう、と、帰ってからすぐ映画を見ました…そりゃないよ(嘆。
シャワーの後の一瞬の表情とか、鬼気迫る感じでいいんですけどね。
私の脳内バックドラフトとは全く話の筋が違ってましたorz。

未来世紀ブラジル
Brazil 
1985年(英)

スパイラルダクト天国★★★★★
夢も希望もありませんが、べつだん不満もありません。
ルーチンな日常を過ごす公務員の彼を暴走させたのは夢の女。
夜の夢に昼の夢想に繰り返し現れる美女を現実に目にして、
魂の解放を得る(と私は思いたい)終幕までひたすら突っ走る。

無関心、思考停止に、強烈な閉塞感、はたまた美容整形、現代社会のこの
強烈な戯画は、既に20年前の作品です。気持に余裕のない時はあまり
見たくないと思っていたけれど、カタルシスを求めるのもいいかもしれない。
『ブラジル』、あんなに楽しい曲なのに。

さて設備映画としてのブラジルはとにかくてんこ盛りで、物語にも絡みます。
「お宅のダクトは流行遅れではありませんか?セントラルサービスから新発売。
数百種のカラフルなダクト。(中略)美しいデザイナー・ダクトをどうぞ。」
というテレビCMから始まり、建物室内は住宅にもレストランにも、大口径の
フレキやスパイラルが天井下を走っていて、それを除けばどこにでもありそうな
風景を特別に見せる、という美術として重要な役割を果たしています。

また、主人公の住む集合住宅らしき部屋の壁は、フリーアクセス壁(!)で、
壁一面点検口状態。モグリの活動をする設備メンテナンス技術者(ロバート・
デニーロがいい味だしてます)が、そんな点検口の一つを開けば、みっちりと
押し込まれたフレキ配管が飛び出して来ます。ちなみに汚水もフレキ(驚。
ここにさらに、巨大な冷却塔が出てきますが、どこで出て来るかはぜひ映画で。
圧巻です。(2005.11月up)

タワーリング・インフェルノ
The Towering Inferno 1974年(米)

のっけから機械室★★★★★
消防検査どうやって通ったんです(驚)、という欠陥だらけの超高層ビル。
防火ダンパの無いダクト、動かないスプリンクラー、作動しない自火報、
開かない防火扉、そもそも防火扉自体が無い廊下、
そんな建物の竣工パーティで起きた火災を描いたパニック映画です。

火災の原因は配線のショートなのですが、その電気配線がコスト削減のため、
設計で指定した安全性の高い材料を無視して、法規はクリアしてますレベルの、
低い品質の材料で施工されていたこと故に起こったショートなのです。
時間やお金をかければかけるほどいい建物ができる、ということでないにせよ、
今も昔も、削られるところは設備かと思うといやになりますな。
「コストをかけたくないなら階数を減らせ!」
設計者ポール・ニューマンが施主にむかって言った台詞に激しく首肯。

外国の設計は、建築だ設備だ、という分業制ではないと聞いたことがありますが、
にしても、設計者がエレベーターの回路いじったり、というのはあまりに
万能すぎやしないかしらん・・・ま、映画ですからいいんでしょうね。
しかしスティーブ・マックィーンかっこいいな。(2004.11月up)

サイトトップへ